リシケシという街が大好きです。

2018.02.10 Saturday
0
    私はリシケシも大好きですが、沖縄の渡嘉敷島という島も大好きです
    なかなか最近行けていないのですが、数年前には渡嘉敷を含む慶良間諸島が国立公園に指定されました。渡嘉敷島にも、観光客が増え立派なJAのコンビニもどきが出来たりしましたが、その反面で失われていくものもありました。

    沖縄の人は暖かくいつもオープンに私達を受け入れてくれます。
    私は、渡嘉敷が大好きだーと口にしますが、"本当の沖縄"のことは理解出来てはいないのです。"本当に沖縄の海が好きならば、そんな日焼け止め塗りたくって海になんか入るなよ!"
    そう思う方もいらっしゃるかもしれません。
    珊瑚の死んでいく姿を、本当は私は知りません。
    戦争で味わった沖縄の悲劇も、本当は分かっていません。


    なぜ、この話が湧いてきたかというと。 このリシケシも同じ部分があるからです。
    私はリシケシが大好きだーと口にします。
    だけど、"本来のリシケシ"のことは、本当は全く理解出来てはいないのです。

    2度目にインドに来た時に、ウッタラカシの山奥にあるシヴァナンダアシュラムで過ごしたことがありました。
    そこで出会ったスワミは、これからリシケシに行くと言った私にこんな話をしてくれました。

    リシケシはガンジス川が流れ、聖地とも呼ばれ、私のguruも愛した地。私も長く身を置き、愛した地。
    少しずつ世界に知られ、多くの外国人も訪れ、街は豊かに発展した。
    だけども、今のリシケシは本来の聖地と呼ばれる趣は失われてしまった。わかるね?私が言いたいことを…。
    だから、私はもう何年も前に今のリシケシを見るに見かねてここへとやってきた。
    君に神やGa?gāを敬う気持ちがあるのなら、この話を心に留めリシケシを愛して欲しい。と。

    私には到底"本来のリシケシ"を理解するなんてことは出来兼ねません。
    そして恥ずかしながら私もリシケシのカフェが好きだったり、観光地として賑わうリシケシが好きだったりしています。
    時々勝手に、オシャレすぎる川沿いの整備やラグジュアリーすぎるサロンなどの誕生にがっかりしたりしていますが。
    だけど、ごめんなさい。リシケシを好きだと言わせてください。

    私はこの街では、レギンス一枚で街を歩くことはしません。過度な肌の露出もしません。
    だからといって、それを誰かに強制したり、否定したりもしません。
    ただ、自分の中の小さなルール。
    あの日に決めた、聖なるGa?gāへそしてGa?gāを愛する人達に敬意を込めた私の中のルールなのです。

    |-|comments(0)|-|by 桜井 友美
     

    プロフィール サイト内検索
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    新しい記事 コメント
    アーカイブ リンク モバイル
    qrcode
    オススメ Others ムームードメイン
        

    ページの先頭へ